派遣会社に多い代行業者の活用

派遣会社では利益を減らさないために人件費を最小限に抑える経営方針が取られていることが多い。
最も重要になる派遣業務については正社員によって賄われていて、周辺業務については代行業者を利用して効率化しているだろう。
典型的なのは福利厚生や健康診断の外注だが、近年になって必要になったストレスチェックについても代行業者に依頼していることは稀ではない。
派遣社員としては重要になるストレスチェックが外部の業者に任せられていて大丈夫なのかと心配になる場合もあるだろう。
しかし、かえってメリットが大きいと考えた方が良いかもしれない。
派遣社員にとってストレスの原因になっているのは派遣先の会社だけでなく、所属している派遣会社のこともある。
ストレスチェックの実施主体が第三者になることによって、結果に対する信頼性が高いと信じられるようになる。
その結果に応じて受けられる助言などについても実施しようという気力が起きやすいだろう。
また、代行業者では常に市場獲得競争があるためサービスの向上を図っているのが一般的である。
ストレスチェックからアフターフォローに至るまで、全体的に内容が充実していることが多い。
結果通知だけを見てもいかに見やすい形でまとめるかに気を払っているかがよくわかる場合もある。
派遣社員にとっては外部の業者に委託してくれているのはストレスチェックを受ける上で魅力になる部分が多いため、心配になる必要はないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です